逆アナルを受けるパンストニューハーフが出てくる小説

パンスト姿

たまに趣味で読書をするくらいの普通の人には信じられないことかもしれませんが、世の中にはいわゆる官能小説と呼ばれるタイプの書物がごまんと在ります。
そしてそのての本の中でも同性愛や性的倒錯をテーマとして扱う小説は比較的数が少ないのですが、その分良質なものが市場に出回っていたりします。

特に私が最近見つけて良いなと思ったのは逆アナルを受けるパンストニューハーフが出てくる小説で、純小説というよりライトノベル的な文体でなかなか読みやすかったです。
さらに小説に影響されて本の内容と同じようなプレイを実際にニューハーフさんとやってみると、これがなかなか楽しくてやみつきになるというおまけつきでした。

続きを読む

逆アナル小説執筆を続けるパンスト男子

執筆

フェラチオが今や普通の男女のカップルでもよく行われるようになった現代は、今や性的モラルというかタブーの概念は希薄になってきています。
そして近頃はアナルセックスに対しても抵抗を感じる人が少なくなってきたのだから面白いものです。

私の今の友人などは女性に逆アナルで責められるのが好きなあまりにそのてのプレイをテーマにした官能小説まで執筆している状態です。
さらに彼はパンスト男子として名が知れており、そのような自分の痴態を同じような性癖を持つ人が集まるサイトなどに公開して楽しんでいるようです。

続きを読む

大阪のラバー女装子と出会いました

ガスマスク

昔から大阪は日本国内屈指の同性愛者が過ごしやすい地域だと私は考えています。
特にミナミはあらゆる方面で寛容な価値観を持っている人が多いため、変態的で特殊な性癖を持った相手とも出会いやすくなっています。

実際私は最近大阪に住むラバーフェチな女装子と近所で出会いました。
今流行りの女装子専門出会いサイトを活用すれば、特に大きい街であれば複数人と出会って遊んだりできるものです。

続きを読む
1 / 3123
Return to Top ▲Return to Top ▲