ニューハーフとの出会いを分析

    SMニューハーフコレクション

    SMニューハーフコレクションバナー

    SM好きなニューハーフM女、痴女、女王様と出会えるサイトが「SMニューハーフコレクション」です。
    SMといえばごく一部のマニアックな人がやると思われがちですが、近年では多くの人に知られているため、あまり痛くないソフトSM程度なら大半の人が経験しています。
    ニューハーフが好きというのもかなりマニアックなので、SM好きとの層もかぶります。

    続きを読む

    女装姫

    女装姫バナー

    男の娘、女装子、ニューハーフと出会えるサイトが「女装姫」です。
    女装するのが好きな人が多く、女装した時だけ姫扱いされたがります。
    お姫様扱いをしてかわいがってあげましょう!
    お姫様扱いが上手ければ上手いほど、彼女たちからモテます!

    続きを読む

    女装子ねっと~Aphrodite~

    女装子ねっと~Aphrodite~バナー

    女になりたい!メス化したい!そんな男性の気持ちに応える女王様と出会えるサイトが「女装子ねっと~Aphrodite~」です。
    ここには女装男子を本物の牝に調教して、メスイキ体験させてやりたいと願うサディスティックな女性や先輩女装子さんが揃っています。

    続きを読む

興味本位でいいですよ

  • 兵庫県
  • MIU
  • 25才
  • トコロテン

数年前から神戸で男の娘として暮らしてます。下着もメイクもいつもしています。 興味本位でいいからお尻やペニクリを責めてくれる男性を募集しています。 お互い割り切りで週末の夜にでも気軽に楽しく求め合える仲になりたいです。 エッチなこと大好きなので、できれば積極的な方が良いなと思います。

詳細確認

ペニクリズム 新着記事

なしなしニューハーフのパンスト姿がすごい

ニューハーフパンスト

オペ済みニューハーフが人工女性器を備えるということは、つまりペニクリが消えたなしなしニューハーフになったということです。
そして男性器がなくなった場合の下半身は当然ながら無駄な膨らみのない美しいフォルムになるため、これを強調するようなコスチュームや下着はよく似合うようになります。

たとえばパンスト姿はありありニューハーフに着せる衣装としても人気ですが、そのピッチリ感が利用できるという点でなしなしニューハーフにもやはり最適です。
多くの女装子やニューハーフが集まるサイトで良い出会いを見つけて、実際パンストを履いてもらえばそのことをより深く実感できることでしょう。

続きを読む

無修正人工マンコとアナガズムの刑

ニューハーフ

性転換手術を受けて人工マンコを入手したニューハーフと遊ぶのはとても楽しくて刺激的なものです。
実際今どきはニューハーフ専門の出会いサイトを使えばそのての性器改造済みニューハーフとは出会いやすくなっているようです。

現に私はそのてのサイトでそのてのニューハーフとセフレになって遊んだのですが、やはり無修正人工マンコを生で目の前に拝むのはとても興奮しましたし貴重な体験になりました。
人工マンコはマン汁が作られないので、潤滑剤が必須というのも、実際にやってみなければ分からなかったことです。
身近に性転換した人はいないし、いたとしても、なかなか性器がどうなっているのかは聞きづらいことです。
セックスがしたいというNH専門の出会いサイトで知り合ったニューハーフになら、聞きやすいですけどね。

しかも彼女は人工マンコに中出しプレイをさせてくれただけでなく、ペニスバンドを着けてアナガズムまで体験させてくれたので嬉しかったですね。
自分も相手もリバだからできることです。

続きを読む

ペニスの縛り方を学んだら大変なことになった

縛り方

その道のプロというのはどれだけ経験を重ねても自分を過信せず、つねに前へ前へと進んで勉強を継続するものです。
それはまさにSM業界における女王様も同じで、SM専門サイトに居るような本物の女王様は、日々自分のSM調教技術というものを研鑽しています。

ちょうど私が最近お世話になっている女王様がそんな真面目で学びに熱心な女王様で、先日はペニスの縛り方というのを新たに学んだようです。
そして早速私のペニスを使ってその陰茎緊縛を楽しんでくれるのですが、これがやはり女王様の感性が優れているのか、緊縛に関しては初心者のはずなのにとても縛りが上手く感じられるのです。

続きを読む

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる
Return to Top ▲Return to Top ▲