ニューハーフとの出会いを分析

    男の娘れぼりゅーしょん!

    男の娘れぼりゅーしょん!バナー

    現在大ブームの男の娘専門出会いサイトが男の娘れぼりゅーしょん!です。
    日本全国で急増中のカワイイ男の娘たちと出会うには、もっとも便利な出会いサイトとして高く評価されています。
    元々男性と同じ身体を持っている男の娘たちは、男の性感帯を責めるのが上手くて、変態的なプレイにも積極的です。

    続きを読む

    シーメールコレクション

    シーメールコレクションはその名の通りシーメール専門出会いサイトです。
    今どきの女性よりもずっと女性らしく美しい、妖艶なシーメールとオトナの関係を築くことができます。

    続きを読む

    雌逝

    雌逝

    メスイキしたい!!そんな男性の気持ちに応えるマッチングサイトが「雌逝」です。
    「こんなに激しいの初めて」「こんな体験初めて」「こんなに気持ちいいの初めて」と言わずにはいられない、対女性では絶対に味わうことのできない魅惑の美形ニューハーフとの出会い。

    続きを読む

かわいい方だと思います

  • 東京都
  • ゆっち
  • 24才
  • アナル拡張

昔から女の子みたいと言われていて、最近女装を始めました。メイクもウィッグも頑張って男の娘らしくかわいくなったと思います。わたしのケツマンコを犯してくれる男性の方は居ますか?よければわたしとエッチなことしてほしいです…

詳細確認

ペニクリズム 新着記事

【性転換】ニューハーフの人工マンコは本物と遜色無い?

性転換手術によって本来あるペニスや睾丸を切除し、人工的にマンコを造っていく造膣という手法。
以下は、それによって性転換をした後の人工膣の画像です。

人工膣

諸事情によりモザイク処理をしていますがホンモノのマンコとあまり違いが無いように思いませんか?
見た目はほとんど我々がよく見るマンコと同じですが、感度や機能はどうなのだろうか。
今回はそういった疑問を解消するために方々調べてみました。

性別適合手術

性別適合手術とはどんなことをするのかをざっくり知っていきましょう。
先述の通り、男性から女性の身体になるために行われるのが造膣と呼ばれる性別適合手術。
単純にペニスや睾丸を切り取って膣を作るために掘っていくと言った話ではなく、今ある男性のペニスを使って女性器を作り直していくイメージです。

精巣切除

膣整形に必要のない、いわゆる金玉を切除します。
戸籍の変更にも、生殖機能を持っていない事が条件の一つとなっています。

陰茎切除

ペニスも人工膣整形に必要が無いため切除しますが、術式によっては利用する事もあります。
女性ホルモンを長期的に投与している方はペニスが小さくなっている事があり、この場合も膣整形の術式を変える事があります。

膣整形

股に穴をあけて膣を整形します。
戸籍の変更には必要のない手術ですが、性行為による男性器の挿入を行いたい場合はこの整形は必須。
反転法と大腸法の二つの術式があり、手術を受ける方の状況によって変わります。

手術に関してもっと知りたい方は以下のページ
FtM・MtFの性別適合手術の方法・術式・リスク・保険まとめ!

気持ちよさは?

人工膣へのペニスの挿入は、する側もされる側も快感を得ることが出来ます。
挿入される側も気持ちが良い理由は、人工膣を整形する際に前立腺は切除しないので挿入時にペニスが前立腺を刺激するからです。
挿入する側は、人工膣を整形した術式によって変わるとも言われています。
先述の術式「反転法」の場合、ペニスの皮膚を利用するため感度は敏感です。
逆に「大腸法」の場合、大腸の一部を利用して整形するため、本来の女性の膣内を再現する事が出来、ペニスを挿入する側も違和感なくピストン出来るのだそうです。
また、潤滑油となる愛液は膣内で分泌されないため、ローションの使用は必須。
手術によって広げた穴の大きさや深さによっても双方とも快楽は違ってきますが、人工膣での性行為でもしっかりと気持ちよさを感じる事は可能です。

下呂温泉の地、岐阜でニューハーフショーを観て来た体験談

去年のクリスマス前、例年より冬休みが早くとれたため、早速実家に帰ろうと帰省のため準備をしている最中にふと思い立った。
実家は長野にあり、その帰り道に通過する岐阜県には、ちょっと有名なニューハーフショーを開催しているホテルがある。
日本三名泉にもなっている下呂温泉と、絶景が楽しめるリゾート型ホテル「ホテルくさかべアルメリア」です。
そこで前回の記事「ニューハーフの本場、タイでニューハーフショーを見て来た体験談」同様に、日本人少ない本格的なタイのニューハーフショーを見て来たので体験談を紹介します。

完全予約制の人気ニューハーフショー

他県でも知られたあのホテルくさかべアルメリアの7階。毎夜開催されている地元でも人気のニューハーフショー「AMAZING THAILAND」を堪能。
温泉につかって、一流ホテルで食事をとり、夜はニューハーフショーを堪能して一泊。
休みも多くとれて時間もあるので、そんな計画を立てて行ってみました。

しっかりホテルを予約し、ショーを見て一泊したその足で実家に帰省するため、着替えなど持って行く荷物は多め。
キャリーバッグを引きながらホテルに到着すると、受付するフロントの時点で速攻ニューハーフショーの案内をされました。
このホテルにおける下呂温泉以外の目玉としても大々的に売り出しており、人気も高い様子です。
公演はお昼に一回、夜に2回、繁忙期や満員御礼で観る事が出来ない人が出る場合は追加公演もしてくれるそう。
クリスマス前ではあったものの、その日はそこまで利用客も居らず、すんなり観る事が出来ました。

時間は夜の第一部、19時半からスタートする所に参加。
料金は大人3500円、子供2000円で、焼酎やウィスキー、ウーロン茶のフリードリンクが付いてきます。
会場に入るとテーブルに案内され、簡単なおつまみ的なものが置かれていてこれも自由に食べれました。
また公演中はダンサーやパフォーマーにチップをあげることが出来、このチップは現金ではなく専用のカードをあらかじめ購入するシステムです。
このチップは5枚入りで1000円。
同じ時間に居合わせた他のお客さんも結構買っている人が居て自分も1000円分購入しました。

公演開始の時間になり、いよいよショーが始まります。
写真撮影は全然OKとの事なので早速スマホや一眼レフ的な本格的カメラで撮影する人が居ました。
自分もスマホで写真を撮りましたがキレッキレなダンスに画像がブレて話になりません。
タイ旅行で観たニューハーフショーと同じく、とにかく綺麗なニューハーフたちが派手な衣装で大勢出てきて激しく踊ります。
演目の中にはオッサン丸出しなニューハーフさんのソロ演目もあって、笑いを誘うシーンも。
レベルの高いダンスやパフォーマンスとお笑いネタの出し物をバランスよく見せてくれて飽きが来ない工夫はさすがでした。

ショーの中、他のお客さんがチップを渡してお礼のハグやキスをされているのを見て、自分もお気に入りの子を見つけてチップを渡す事に。
結構客席の方まで来てくれて歌やダンスを披露してくれるので、いくらでも渡せるチャンスはあります。
とりあえずチップのカードをヒラヒラと仰ぐようにして、とりあえずかわいい子に視線を送ります。
すると100点の笑顔で近づいて来てくれて、セクシーな衣装から見える胸の谷間に挟むよう促されました。
これはたまらん。チップカードを深く入れすぎて指におっぱいが触れて良い思いも出来ました。

ショーはダンスに歌に、コントやミュージカルなど、人を楽しませる事に特化した素晴らしいものでした。
ニューハーフショーという独自の雰囲気はタイで観たそれと同じ感じでしたが、見せてくれるショーの中身は全然違った楽しさがあります。
もちろんショーの最後には恒例の記念撮影。
ほとんどのお客さんがショーに感動し、記念撮影をしていましたが案外女性客も多いことに気付かされます。
そしてこのホテルでは夜の1部と2部で内容が違うそうなので、また予定を作って見に行ってもいいぐらい、価値のある体験が出来ました。

ニューハーフの本場、タイでニューハーフショーを見て来た体験談

世界でもニューハーフが多い事で有名なタイ。
ニューハーフだけでなくLGBTの多さは世界でもトップクラスとしてタイは存在感のある国となっています。
そんな性別に関する多様化の最先端な国で、タイ名物のニューハーフショーを見て来たので本場の水準や空気感を紹介していきたいと思います。

ニューハーフが多い理由

まず何故タイにニューハーフが多いのか見ておきましょう。
少し前の統計では、タイの総人口の0.5%がニューハーフだと言われており、それは200人に1人はニューハーフという計算であると言われていました。
それほどまでにニューハーフが多い理由は様々な要因から成り立っています。

よく言われる理由としては「徴兵忌避」のためにニューハーフになる男性が多いという要因。
タイでは徴兵制度があり国民の義務として19歳から21歳までの2年間、軍隊に入隊しなければいけない法律があります。
19歳から21歳と言えばまだまだ遊びたい年頃。
ニューハーフである場合、軍の風紀が乱れてしまうという理由から徴兵を免除される事が多く、これを回避するためにニューハーフになる男性もいるのだそうです。

また、タイでは女性の立場が他の国より比べても高く、タイ男性でも女という性別に対して憧れを持っているとされています。
そしてタイ男性の国民性として、真面目な男性ももちろんいますが、働かずになまけている人の方が多く女性の方が勤勉である事も女性優位な社会を作っています。
我々日本人の感覚として、男は一家の大黒柱としてカッコイイ父親になる事を、実際に父の背中を見て育ちますが、タイの男児では性別の違う母の背中を見て育ちます。
そのため、一部の真面目な男性が「男性」という性に対して失望し、憧れだった女性になるためにニューハーフの道を行くという事も理由の一つだと言われています。

ニューハーフショーでのニューハーフ

なぜタイにニューハーフが多いのか基本的な背景を知った上でタイの名物、ニューハーフショーを観て楽しんできた時の体験談を紹介していきます。
タイ旅行での定番の観光地としては世界遺産のアユタヤ遺跡や仏教が盛んな歴史が生んだ各地にある寺院などが挙げられますが、世界基準のパフォーマンスが堪能できるニューハーフショーも忘れてはいけません。
今回見て来たのはバンコク郊外にあるアジアティック・リバーサイドという比較的新しめのモール内で、日夜歌に踊りに様々なパフォーマンスを堪能できる有名ショーパブ。
ここで行われるニューハーフショーは世界的にも人気で、あらゆる国籍の人達が高水準なニューハーフやパフォーマンスを見に来ます。

この度タイ旅行でニューハーフショーを観ようと思ったキカッケとしては、旅行サイトからの経由で割安な入場券が買えるタイミングがあったので買ってみる事にしたのが始まりです。
通常ワンドリンク付きの当日券が1200バーツで約4,350円。それが900バーツで約3,260円ほど割引きされて購入する事が出来ました。
当日の夜、旅行プラン内にある無料の送迎ボートでアジアティック・リバーサイドへ向かい、いざショーが行われるホール内へ。
良くある芸能人のディナーショーみたいな感じで丸いテーブルがいくつもあって予め指定された指定席に座ります。

公演は1時間ちょっとのプログラム。
開始の時間になると、「Ladies&Gentlemen」とけたたましい曲とともに幕が開きました。
オープニングの掴みからいきなり高レベルなダンスと見栄えのいい衣装、舞台のセットで目を釘付けにされます。
日本のオネエ系の人たちと同様に、ちょっとお茶目でギャグで人を笑わせてくれる一面があり、ショーの質と客を楽しませる事への追求に感動。
観光客も多い分、世界各国のイメージをテーマにしたダンスや衣装を取り入れており、日本をテーマにした演目では花魁の衣装を着たニューハーフが登場して会場を沸かせました。
他にもアメリカ、中国などその国をモチーフにした衣装や楽曲で盛り上げます。

登場するキャスト一人ひとりを見ても、ダンスや歌、表情も生半可なトレーニングでは無い事が分かるほどガチ。
何よりニューハーフさんたちの美しさには目を見張りました。
中には戦闘力の高そうな姐さんも居ましたが、見せてくれるショーは特級品。
演目の種類も多く、メリハリのある楽曲でテンポが良かったです。
使われている曲もマドンナやレディーガガなど世界的に有名で誰でもノれる楽曲でした。

ショーの最後に

全演目が終わり、客はこれにて退場かなという時、演者のニューハーフさんたちが客席まで降りてきてくれてお見送りや写真撮影などの時間を作ってくれます。
もちろん無料でサービスしてくれますが、チップとして50バーツ(180円ぐらい)を渡すと素直な気持ちで喜んでくれます。
ショーの最中に見つけた自分好みのニューハーフと一緒に写真撮影をするのも良し、お見送りしてくれるニューハーフとハグするのも良し、最後まで飽きさせないショーでした。

3 / 16812345...102030...最後 »

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる
Return to Top ▲Return to Top ▲