ニューハーフとの出会いを分析

    SMニューハーフコレクション

    SMニューハーフコレクションバナー

    SM好きなニューハーフM女、痴女、女王様と出会えるサイトが「SMニューハーフコレクション」です。
    SMといえばごく一部のマニアックな人がやると思われがちですが、近年では多くの人に知られているため、あまり痛くないソフトSM程度なら大半の人が経験しています。
    ニューハーフが好きというのもかなりマニアックなので、SM好きとの層もかぶります。

    続きを読む

    ペニクリエンジェル

    ペニクリANGELはかわいい女装子やニューハーフ、男の娘たちと出会えるコミュニティサイトです。
    おちんちんの付いた見た目も心も女の子の娘たちだけが集まる専用サイトだから、自分好みの相手と出会えてエッチな遊びが楽しめるかも?

    続きを読む

    おんなのこごっこ

    おんなのこごっこバナー

    一度くらいは自分が女装子や男の娘、NHになって心も女になりきり、女装子やニューハーフ、純女とカマレズプレイをしたいと考えたことはあるでしょう。
    女装子や男の娘に抵抗の無い人が増えるにつれ、レズプレイに興味が出てくる人も増えています。
    同じ思いの人が増えてきたら、その人たちで集まって出会える場ができるのも自然な流れでしょう。
    全員が女性という気持ちでカマレズプレイができるサイトが「おんなのこごっこ」です。

    続きを読む

かわいい方だと思います

  • 東京都
  • ゆっち
  • 24才
  • アナル拡張

昔から女の子みたいと言われていて、最近女装を始めました。メイクもウィッグも頑張って男の娘らしくかわいくなったと思います。わたしのケツマンコを犯してくれる男性の方は居ますか?よければわたしとエッチなことしてほしいです…

詳細確認

ペニクリズム 新着記事

純女様による射精管理をお受けした私めの心境

射精管理

誰しも何らかのコスチュームを着てコスプレをすると普段の自分とは違う性格が露呈するものです。
そのせいか女装趣味を持っている男性も女装した瞬間から普段はサドなのにマゾに切り替わるという人が多いみたいです。

かくいう私もそんな女装マゾの端くれなのですが、ブスでデブでメガネな私を親切にいじめて懲らしめて調教してくれる女王様と先日出会うことができて幸せです。
しかもその女王様は私が一番好きなSMプレイである射精管理の名手であり、長年夢だった純女様による射精管理生活を実体験できるようになったのです。

続きを読む

睾丸摘出系ニューハーフか純女を選ぶ究極の選択

性転換手術を受けて睾丸摘出を終えたニューハーフは、自然と身体が女体化して以前より艶めかしい雰囲気になるものです。
さらにペニクリを付けたままのありなしニューハーフは、人によっては純粋な女性よりも魅力的に見える場合があります。

そのためニューハーフか純女どちらかを選ばなければいけないという究極の選択に迫られる人も多いのです。
そういった多くの男性を悩ませるかもしれませんが、近頃のニューハーフは美人が多くなってきていることを考えると、やはり選ぶべきはニューハーフの方でしょう。

続きを読む

ニューハーフの人工膣まんこ品評会

ニューハーフ

人の眼球を作ったり皮膚の上にディスプレイを張り付けたりすることができるようになろうとしている今のバイオテクノロジー分野。
そんな分野の影響もあるのかないのかわかりませんが、最近自分が出会ったあるニューハーフさんがいわゆる人工マンコというのを持っていて驚きました。

しかも彼女一人ではなく、もう二人ほどそのてのニューハーフさんと出会うことができた自分はかなり幸福な部類に入るのでしょうね。
そしてそんな幸運をフル活用しようとして、最近は自分一人でニューハーフの人工膣まんこ品評会なるものを開催したりしています。

実際ハメてみるとわかりますが人造女性器というのは造形師にあたるお医者さんの腕や、それを持つニューハーフの体質によって千差万別で奥が深いものです。
さすがに本物の女性マンコやオナホールほど気持ち良くはないですが、使ってみるとこれはこれでありかなと思える感触なので楽しいですね。

人工女性器を持ったニューハーフさんと出会える確率は依然として低いものですが、なんとか一度その具合を試してみたいなら、オペ済みニューハーフさんとも出会いやすいサイトでセフレ募集などしてみるといいかもしれません。

3 / 16012345...102030...最後 »

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる

サイト内検索

アクセスランキング

相互RSSリンク

Return to Top ▲Return to Top ▲