ニューハーフとの出会いを分析

    女装子ねっと~Aphrodite~

    女装子ねっと~Aphrodite~バナー

    女になりたい!メス化したい!そんな男性の気持ちに応える女王様と出会えるサイトが「女装子ねっと~Aphrodite~」です。
    ここには女装男子を本物の牝に調教して、メスイキ体験させてやりたいと願うサディスティックな女性や先輩女装子さんが揃っています。

    続きを読む

    女装恋MIX

    女装恋MIXバナー

    男の娘や女装子のように女装するのが好きな男性はもう当たり前のようになってきています。
    そして、そんな女装子、ニューハーフに興味がある、付き合いたいという男性が近年、増えてきています。
    その女装子、男の娘、ニューハーフと彼女たちに興味のある男性との出会いをサポートするサイトが「女装恋MIX」です。

    続きを読む

    おんなのこごっこ

    おんなのこごっこバナー

    一度くらいは自分が女装子や男の娘、NHになって心も女になりきり、女装子やニューハーフ、純女とカマレズプレイをしたいと考えたことはあるでしょう。
    女装子や男の娘に抵抗の無い人が増えるにつれ、レズプレイに興味が出てくる人も増えています。
    同じ思いの人が増えてきたら、その人たちで集まって出会える場ができるのも自然な流れでしょう。
    全員が女性という気持ちでカマレズプレイができるサイトが「おんなのこごっこ」です。

    続きを読む

初心者女装子探してます

  • 茨城県
  • 胡蝶
  • 36才
  • アナル開発

女装子をペニスバンドで犯すのが好きな茨城の女王よ。 アナルプラグとかアナニーだけで満足してる素人女装子をメスイキするまで責めるのが至上の喜び。 経験は多い方だからまだアナル開発もしたことない初心者でも上手に開発してあげるわよ。 やみつきになる調教ばかりだからしっかり覚悟した上でアヌスを差し出しなさいね。

詳細確認

ペニクリズム 新着記事

40代無色童貞がシーメールと寝て脱童貞した体験談

シーメール

幼い頃から顔のパーツが首都高速の多重事故と言われたり、あだ名でハウスダストなどと言われていた私は、42歳になるまで一度も女性と関係を持ったことがなく寂しい日々を過ごしてきました。
童貞のまま30歳を越えると魔法が使えるという言葉を信じてドグラマグラやクトゥルフ神話などについての知識を深めていましたが、そのようなマニアックな趣味を深めれば深めるほどに孤立するという悪循環を続けていました。

そんなとき私が出会ったのは女性よりも美しい顔とプロポーション、そして性格を持つシーメールさんで、彼改め彼女と出会い系で出会ったすえに、初めて人工性器を使ったセックスを行うことができ、念願の脱童貞を叶えることができました。
今どきは幸いなことにどれだけコミュ障でブスな自分のような男であっても、恋愛に近いセフレ関係を築くチャンスが多い、シーメールとの出会いが楽しめるサイトが多いのです。

続きを読む

人工女性器を手に入れても雌堕ちできるとは限らない

女性

長年多くの人が望み挑戦している性転換という行為は、実際にそれに挑戦する当事者を傍から見ているだけの人には想像もできないくらいに大変なことです。
単純に人工性器を作り出す手術が大変というだけではなく、手術後の感想も人によって大きく変わるものであり、その実たしかなことは一つもない世界の話なのです。

たとえば男性から女性に向かって精神すらも変化してしまう、いわゆる雌堕ちのような現象を体感している人は、実は性転換手術を受けた人の中でも少ないようです。
つまるところ人工マンコを作ろうと人工ペニスを作ろうと、身体だけが変わって心やアイデンティティの性別が変化せずに苦しむ人も一定数は居るということでしょう。

続きを読む

逆アナル小説執筆を続けるパンスト男子

執筆

フェラチオが今や普通の男女のカップルでもよく行われるようになった現代は、今や性的モラルというかタブーの概念は希薄になってきています。
そして近頃はアナルセックスに対しても抵抗を感じる人が少なくなってきたのだから面白いものです。

私の今の友人などは女性に逆アナルで責められるのが好きなあまりにそのてのプレイをテーマにした官能小説まで執筆している状態です。
さらに彼はパンスト男子として名が知れており、そのような自分の痴態を同じような性癖を持つ人が集まるサイトなどに公開して楽しんでいるようです。

続きを読む

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる

サイト内検索

アクセスランキング

相互RSSリンク

Return to Top ▲Return to Top ▲