ニューハーフとの出会いを分析

    ペニクリエンジェル

    ペニクリANGELはかわいい女装子やニューハーフ、男の娘たちと出会えるコミュニティサイトです。
    おちんちんの付いた見た目も心も女の子の娘たちだけが集まる専用サイトだから、自分好みの相手と出会えてエッチな遊びが楽しめるかも?

    続きを読む

    ニューハーフや女装子と出会えるサイトベスト3

    ニューハーフ

    皆さんニューハーフ・男の娘・女装子とのお付き合い、楽しんでいますか?すでに彼女もセフレもマゾ奴隷まで居るって人も居るかもしれませんね。

    けれど逆にシーメールや女装子に興味があるのに、いまだに実際出会ったことがないという人も居るかもしれません。そこで今回はズバリ、今すぐニューハーフや女装子と出会って遊べる、専門出会いサイトベスト3をご紹介します。

    続きを読む

    シーメールコレクション

    シーメールコレクションはその名の通りシーメール専門出会いサイトです。
    今どきの女性よりもずっと女性らしく美しい、妖艶なシーメールとオトナの関係を築くことができます。

    続きを読む

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる

ペニクリズム 新着記事

貞操帯女装子がホルモン奴隷になるまでの経緯

奴隷プレイ

私は今、貞操帯を身に着けた女装子とセフレ関係を続けています。
彼女は最初出会った頃は比較的ノーマルなバイセクシャルの女装子でしたが、気が付いた頃には女性ホルモンまで利用しているメス奴隷のような人になっていました。

実際は私が時間をかけてじっくりとメス化調教を行ったことでこのような結果が出たのですが、やはり元からメス堕ちする素質を持った女装子と出会うことが肝要だと考えています。
ここ最近は素人女装子やニューハーフが多く集まる専門の出会いサイトを活用すれば、そのての相手と出会って遊ぶこともそこまで難しくはありません。

続きを読む

男の雌堕ちは性転換奴隷を誕生させる

雌堕ち

人類のこれまでの歴史はなぜか男性上位主義的な色合いを持つ経緯が多く、女性は長らく不平等な扱いを受けてきたのは誰もが知っています。
それに納得できようとできまいと自由ですが、なんであれ今の世の中は女性の権利や地位が高くなり、社会的にも精神的にも弱い男性の中には生きづらさを感じている人が多いようです。

そんな中で最近流行中の男の雌堕ちとよばれる性的体験は、多くの男性があくまでプレイとはいえ、性転換奴隷として生きる道を選択してしまう可能性を秘めています。
奴隷と聞くと印象が悪いですが、実際はまるで性転換したかのように心からメスになって性転換奴隷となった男性というのは、本人は至極満足のいく性生活を送ることが多いようです。

続きを読む

黒タイツニューハーフのアナニーとセックス

黒タイツ

ノンオペながら女性よりも女性らしく見える、官能的な美麗ニューハーフが最近素人でも多くなってきています。
特にニューハーフ専門サイトとして高い評価を受けている場所では、アナニーとセックスが大好きな淫乱ニューハーフが多いと有名です。

自分自身も何度かこのてのサイトで出会いを得て楽しんできましたが、この間は黒タイツが似合うニューハーフと出会い、出会ったその日に即パコで関係を持ちました。
普通の女性とのお付き合いと違って、ニューハーフとの関係は割り切った関係が結びやすく、お互い好みに合致した場合だけさくっと遊んで楽しめるので良いものです。

続きを読む

人工女性器とボディースーツを使う方法

女装出会い

性転換手術を受けるほどの覚悟はなくても、メスを入れないままで限界まで女性に近づきたい。
そんな完全女装を目指すすべての男性にオススメしたいのが、人工女性器とボディースーツを使う方法です。

人工女性器はいわば男性の股間に取り付ける偽物マンコのことであり、マニアックなお店でたまに取り扱っています。
さらにそこから発展して、性器のみならず全身を女性化させてしまうものがボディースーツです。

続きを読む

アナル責めによる男性羞恥プレイ

アナル責め

女装子やニューハーフには、比較的受け身でマゾな人が多いとよく言われています。
しかし逆にまったくマゾっ気がなく、なかなか責められる快楽が理解できないという人も居るかと思います。

性的嗜好は人それぞれなので、もちろんサドな自分を愛せるならその道を今後も突っ走って行くべきです。
ですができればマゾな性感を習得したい、そういった責められる悦びを味わいたいと願う人も居るでしょう。

続きを読む

サイト内検索

アクセスランキング

相互RSSリンク

Return to Top ▲Return to Top ▲