トコロテンとドライオーガズムはどちらが強力か

いわゆる受けとかネコとかマゾと呼ばれるニューハーフや女装子は、よくトコロテンかドライオーガズムのどちらかを味わう性生活を過ごしているものです。
そしてその二つのどちらを特に好むかは人によって変わるもので、結局は個人の好みによって選べばいいだけのことです。

しかし少し気になるのは、実際のところ多くの人にとって、平均的に言えばトコロテンとドライオーガズムはどちらがより気持ちいいものなのかということです。
この疑問に答えるためにも私は近頃たくさんのニューハーフ女王様と出会ってはアナルファックをされ続ける日々を過ごしてきました。

続きを読む

40代無色童貞がシーメールと寝て脱童貞した体験談

シーメール

幼い頃から顔のパーツが首都高速の多重事故と言われたり、あだ名でハウスダストなどと言われていた私は、42歳になるまで一度も女性と関係を持ったことがなく寂しい日々を過ごしてきました。
童貞のまま30歳を越えると魔法が使えるという言葉を信じてドグラマグラやクトゥルフ神話などについての知識を深めていましたが、そのようなマニアックな趣味を深めれば深めるほどに孤立するという悪循環を続けていました。

そんなとき私が出会ったのは女性よりも美しい顔とプロポーション、そして性格を持つシーメールさんで、彼改め彼女と出会い系で出会ったすえに、初めて人工性器を使ったセックスを行うことができ、念願の脱童貞を叶えることができました。
今どきは幸いなことにどれだけコミュ障でブスな自分のような男であっても、恋愛に近いセフレ関係を築くチャンスが多い、シーメールとの出会いが楽しめるサイトが多いのです。

続きを読む

人工女性器を手に入れても雌堕ちできるとは限らない

女性

長年多くの人が望み挑戦している性転換という行為は、実際にそれに挑戦する当事者を傍から見ているだけの人には想像もできないくらいに大変なことです。
単純に人工性器を作り出す手術が大変というだけではなく、手術後の感想も人によって大きく変わるものであり、その実たしかなことは一つもない世界の話なのです。

たとえば男性から女性に向かって精神すらも変化してしまう、いわゆる雌堕ちのような現象を体感している人は、実は性転換手術を受けた人の中でも少ないようです。
つまるところ人工マンコを作ろうと人工ペニスを作ろうと、身体だけが変わって心やアイデンティティの性別が変化せずに苦しむ人も一定数は居るということでしょう。

続きを読む
Return to Top ▲Return to Top ▲