セックス重視のニューハーフと出会う【はじめてのニューハーフくらぶ】

アナルファックや逆アナルが好きor興味がある人なら、ニューハーフや男の娘の存在は無くてはならない要素です。
アナル好きでは無くても、彼女たちの持つ純粋なセックスのテクニックや、近年の容姿の高水準化によって、一度は抱いてみたい・抱かれたいと思う男性も増えています。
ニューハーフの人たちは自分の身体と同じ作りである男性に対して、やはりどこをどうすれば気持ちが良いのか理解している分、最初からセックスも高水準。
さらに男性的な性欲の高さからセックスが好きである事も相まって、比較的すぐに身体を合わせられるのも人気の理由です。

そんな性欲の高いスグにセックス出来るニューハーフや男の娘と出会うにはどうすればいいか。
世の中に多く流通しているマッチングアプリや出会い系アプリなどでも、ニューハーフとの出会いは落ちています。
ニューハーフや男の娘とセックスする事自体が、まだ一般男性からの需要が低いため意外に狙い目。
ただそこに参加しているユーザー全員がセックスを目的としているかと言えばそうではなく、中にはちゃんと恋人を探しに来ているニューハーフもいます。
そこでタイトルにもある通り、セックスを重視してニューハーフと出会う専門サイト「はじめてのニューハーフくらぶ」を紹介。

ニューハーフ出会い

サイトの名前通り、ニューハーフとの出会い自体はじめての方や、まだ同性であるニューハーフとセックスする事に後ろめたさがある男性に対して優しく、背中を押してくれるようなサポートが所々に見受けられます。
アダルトな出会い系サイトである以上、料金は少し割高になるのは仕方の無い事ですが、払う金額に見合ったサービスは納得のクオリティ。
何よりその辺のマッチングアプリや出会い系に居るニューハーフよりも、「はじめてのニューハーフくらぶ」に参加している彼女らの容姿は格段に高いです。
どんな子が参加しているかは、会員にならないと見せられないためココでは紹介できませんが、興味が出てきた方はぜひ一度覗いてみてください。
参加自体は無料なのでモノは試しに、怖いもの見たさ等々見に行ってみてはいかがでしょうか。

時間がたっぷりある今だからこそ、家で女装の練習

前から女装やってみたかったけど、忙しくてそんな暇はありませんでした。
でも、突如として自粛生活になり、ヒマを持て余すようになりました。
そこで、時間があったらやりたかった女装の練習に励むことにしました。

女装はたまに時間がある時にもやってたんですが、今までは失敗して途中までしかできませんでした。
最後までやりきるには時間が無かったんです。
それがまとまった時間が取れるんだったら、やるっきゃないですよね。

まずはムダ毛処理から。
お風呂で剃刀でちまちまと剃ります。
脱毛もいつか行きたいですね。

それから、どの服を着ようか悩みますが、やっぱり好きなセーラー服を選びます。
とっても短いスカートなので普通に立ってるだけでも見えちゃいます。
そこが恥ずかしいけど、気持ちいいですね。
家の中なので、何も気にせずにいられるのでノーパンです(笑)

それから、メイクの動画を見ながら自分もやってみます。
ここが難しいんですよね。
塗る順番とかを考えながら、下地、ファンデーション、シャドウやハイライトを入れていきます。

アイラインや眉を描くのが特に難しいです。
失敗してもそこだけポイントメイク落としで落としてやり直ししますが、何回もやり直ししすぎて疲れちゃいます。

一旦、休憩してからまた始めます。

それでなんとかマシな程度のメイクが完成しました。
そして最後の仕上げにウィッグをかぶりました。
本当は髪型もこだわりたいけど、ウィッグの形そのままでおっけーとします。
これで女装完成です。
これだけでだいたい1日経ってしまいました。

いつもなら翌日仕事なので、もう終わらないといけないんですが、今は明日も明後日も休みなので気にせずにこのままでいます。
女装したまま、ごはんを食べたり、家事をしたり、オナニーしたりすると、女の子という自覚を持ち始めますね。

そして、疲れてしまってそのまま寝落ちしてしまいました。
本当はメイク落とさないと肌に悪いんですが、しょうがないですよね。
今度はもっと時短できるように頑張ります!

【出会い】日本でニューハーフと出会う場所

美人なニューハーフと出会ってセックスをしたいと思った時、確実な方法はタイやフィリピンなど、ニューハーフ(LB)人口の多い所へ行くことでしょう。
国民がLGBTに対して理解し、ニューハーフでも住みやすい国に行けば出会いも豊富に落ちています。
しかし実際の所、タイやフィリピンなどに行くお金を考えると、そう簡単には行けないですよね。
言語の壁もあり、日本語で意思疎通をしながら楽しく盛り上がりたいと思う人もいるでしょう。
そこで、今回は日本でちゃんとニューハーフに出会える場所や方法を挙げてみました。

NH風俗

必要なのはお金と勇気。
今すぐ確実にニューハーフとセックスしたいのであれば風俗へ行くのが最も現実的です。
メリットは100%セックスできる点。
デメリットはお金がかかる点です。

ネット検索すれば最寄りのお店がすぐ出てくるでしょう。
全国の風俗店まとめサイトで各お店の特徴や料金の違いを加味して、何より好みの嬢が要るお店を覗いてみてください。

http://fujoho.jp/index.php?p=shop_list&k=19

ハッテン場はオススメしない

ゲイ同士が恋人や性行為のパートナーと出会うために集う場所、ハッテン場。
ここでニューハーフを探すのはあまりオススメしません。
理由はニューハーフは少なく、見た目が男性のまま、男性のパートナーを探している人の方が多いからです。
ニューハーフと聞いてイメージするような、どこからどう見ても女性と間違えるような人との出会いはあまり期待できません。

出会い系で探す

PCMAXやハッピーメールなど大手の出会い系のように、検索機能が優秀な出会い系アプリやサービスはオススメです。
ストレートに「ニューハーフ」「NH」「男の娘」などと検索すれば出会いを求めている人の多さに驚くでしょう。
一般の女性ユーザーと比べて、まだまだ需要が低くライバルも少ない分、ニューハーフな人達も男性からメッセージが来る事は稀です。
なのでメッセージを送れば結構の確立で返信が期待できます。
そして何よりアダルト出会いを求めているニューハーフが多い。

NH専門の出会いサービスで探す

多少の費用をかけてでも、高水準で確かな出会いを求めるなら、NH専門のアダルト掲示板や出会いサービスに登録するのも手です。
無料で利用できるサービスは冷やかしや業者、サクラの温床となっているのでまずオススメできません。
セックスしたいだけであれば、NH専門のアダルトコミュニティというのも存在するので一度覗いてみてください。
この手のサービスは、どこかの会社がしっかりと運営しているだけあって、サポートやトラブル・リスクの低さがピカイチ。
こんなマニアックな事でも専門のコミュニティが乱立しているって、日本も良い感じに狂ってますよね笑

Hearts

Return to Top ▲Return to Top ▲