人工女性器を手に入れても雌堕ちできるとは限らない

女性

長年多くの人が望み挑戦している性転換という行為は、実際にそれに挑戦する当事者を傍から見ているだけの人には想像もできないくらいに大変なことです。
単純に人工性器を作り出す手術が大変というだけではなく、手術後の感想も人によって大きく変わるものであり、その実たしかなことは一つもない世界の話なのです。

たとえば男性から女性に向かって精神すらも変化してしまう、いわゆる雌堕ちのような現象を体感している人は、実は性転換手術を受けた人の中でも少ないようです。
つまるところ人工マンコを作ろうと人工ペニスを作ろうと、身体だけが変わって心やアイデンティティの性別が変化せずに苦しむ人も一定数は居るということでしょう。

続きを読む

逆アナル小説執筆を続けるパンスト男子

執筆

フェラチオが今や普通の男女のカップルでもよく行われるようになった現代は、今や性的モラルというかタブーの概念は希薄になってきています。
そして近頃はアナルセックスに対しても抵抗を感じる人が少なくなってきたのだから面白いものです。

私の今の友人などは女性に逆アナルで責められるのが好きなあまりにそのてのプレイをテーマにした官能小説まで執筆している状態です。
さらに彼はパンスト男子として名が知れており、そのような自分の痴態を同じような性癖を持つ人が集まるサイトなどに公開して楽しんでいるようです。

続きを読む

男の雌堕ちを目指したシーメールとの出会い

男の雌堕ち

LGBTへの理解がやっと世界的に大きく拡がりを見せている現在、日本国内でも活発に出会い探しを始めているシーメールさんが多くなってきました。
実際これまで数多くあった出会い系サイトの盛り上がりと同じように、今はニューハーフと男女が出会う専門の出会いサイトが大きな盛り上がりを見せています。

このてのサイトには実にいろいろなタイプの利用者が居ますが、たとえばノンオペながらより女性らしくなることを夢見て出会い探しを重ねている初心者シーメールなどもよく見かけます。
私はそういった雌化希望シーメールと以前からお付き合いをしているのですが、彼女は会うたび遊ぶたびに女らしくなるため毎回デートが楽しみです。

続きを読む

ある人工女性器男が雌堕ちする過程とは

雌堕ち

メス化希望の男性が性転換手術を受ければ、それ相応に大きな性転換効果は期待できるでしょう。
しかしたとえ物理的に性器を変換させてしまっても、男性が生まれ持った骨格や、もっと言えば性格までも変化させることは難しいものです。

私の知り合いであるニューハーフの方は、実際人工女性器を手に入れたにも関わらず、男性らしさがすべて抜けたわけではないため落ち込んでいました。
こういったことからも分かるように、性転換手術という大がかりな性転換手法は、その効果を期待しすぎるのは危険であり、少なくとも趣味で女装を楽しんでいる程度の人が経験するものではありません。

続きを読む

工事済みニューハーフのアナニーブログ

工事済みニューハーフ

一口にニューハーフと言っても、その分類にはいろいろな種類があったりします。
たとえばペニクリのありなし、いわゆるありありかありなしか、といった種類の違いが有名ですね。

さらには医療機関で本格的な性転換手術を受けた結果、人工女性器を持つに至った人というのもよく居るものです。
そのての工事済みニューハーフとの出会いは適当な出会い系やコンパでは手に入りづらいものですから、本気で出会いたければまずはそれ相応に専門的な場所で出会い探しを試してみるべきでしょう。

続きを読む
1 / 3412345...102030...最後 »

サイト内検索

アクセスランキング

相互RSSリンク

Return to Top ▲Return to Top ▲