ニューハーフとの出会いを分析

    SMニューハーフコレクション

    SMニューハーフコレクションバナー

    SM好きなニューハーフM女、痴女、女王様と出会えるサイトが「SMニューハーフコレクション」です。
    SMといえばごく一部のマニアックな人がやると思われがちですが、近年では多くの人に知られているため、あまり痛くないソフトSM程度なら大半の人が経験しています。
    ニューハーフが好きというのもかなりマニアックなので、SM好きとの層もかぶります。

    続きを読む

    女装子ねっと~Aphrodite~

    女装子ねっと~Aphrodite~バナー

    女になりたい!メス化したい!そんな男性の気持ちに応える女王様と出会えるサイトが「女装子ねっと~Aphrodite~」です。
    ここには女装男子を本物の牝に調教して、メスイキ体験させてやりたいと願うサディスティックな女性や先輩女装子さんが揃っています。

    続きを読む

    女装恋MIX

    女装恋MIXバナー

    男の娘や女装子のように女装するのが好きな男性はもう当たり前のようになってきています。
    そして、そんな女装子、ニューハーフに興味がある、付き合いたいという男性が近年、増えてきています。
    その女装子、男の娘、ニューハーフと彼女たちに興味のある男性との出会いをサポートするサイトが「女装恋MIX」です。

    続きを読む

初心者女装子探してます

  • 茨城県
  • 胡蝶
  • 36才
  • アナル開発

女装子をペニスバンドで犯すのが好きな茨城の女王よ。 アナルプラグとかアナニーだけで満足してる素人女装子をメスイキするまで責めるのが至上の喜び。 経験は多い方だからまだアナル開発もしたことない初心者でも上手に開発してあげるわよ。 やみつきになる調教ばかりだからしっかり覚悟した上でアヌスを差し出しなさいね。

詳細確認

ペニクリズム 新着記事

SMサイトで男の雌落ち調教受けてみた結果

女王様

最近のSMサイトにはS男よりも比較的M男の方が多いらしいです。
現に最近ずっとSM系の出会いサイトに入り浸ってる私は、自分で言うのも何ですが重度のドMです。

そして最近マゾ男子の間で流行っているプレイはなんといっても雌落ち調教であり、私自身この調教をこの間初体験して見事にやみつきになってしまいました。
普通男性というのは陰茎で受ける刺激しか快感を感じないものですが、しかるべきSMサイトで出会った女王様から逆アナルなどの調教を受けると、前立腺で性感を味わうことができるようになるのです。

続きを読む

男の娘と貞操帯のニーズについて

貞操帯

すでに供給過多なくらい増えているらしい巷の素人男の娘の中には、より自分の性感と魅力をクオリティアップさせるためなのか、貞操帯の装着をデフォにしている人も増えているようです。
貞操帯という調教アイテムはいわば射精管理のためにあるようなものであり、これを長く使う努力をすれば、当然ながら性欲も次第にアップしていくものです。

そのため貞操帯は出会いに積極的な人はもちろん、より自分の魅力を大きくさせようと考えている男の娘の多くが使っているものと考えられるため、貞操帯そのもののみならずそれを着けた男の娘に対するニーズも常に高まってきています。
よって貞操帯もその利用者も普通に出会い探しをしているだけではなかなか見つけることができません。

続きを読む

素人男の娘に貞操帯とか

貞操帯

女装趣味を持つ若い男性は現在急激に増えているそうで、その分専門のサイトを使えば素人男の娘と出会える確率も高いのが今の世の中みたいです。
現に私の場合は先日も近所である素人男の娘と出会い、彼女に貞操帯を装着する調教をして楽しみました。

たとえ調教スキルに自信がない人であっても、長くじっくりと調教を行えば、素人男の娘でも高い確率で自ら貞操帯を着けるようになったりするものです。
実際私がこれまで付き合ってきた女装子や男の娘はみんな、私が行う素人調教でもわりといい具合までエロく変身してくれたものです。

真面目に無理なく調教プレイを一緒に楽しんでいけば、素人男の娘と男のカップルであってもわりと上手くいくものです。
普通とは違った出会いや刺激的なプレイを求めるなら、一度専門サイトで出会いを探して、未経験の出会いと遊びを楽しんでみてください。

1 / 15712345...102030...最後 »

男の娘特集

今ちまたで騒がれる「男の娘」とはなんなのか?
男なのか?女なのか?そのいずれでもない新しい何かなのか!?

男の娘にまつわる情報を私が徹底的な解剖にアタックし咀嚼し出し惜しみ無しで執筆!

禁断の書物に触れる

サイト内検索

アクセスランキング

相互RSSリンク

Return to Top ▲Return to Top ▲